こんにちは。

趣味でエレキギターを弾いてるcentoです。今回はエレキギターの種類について話したいと思います。

うるさくて音が高そうな感じ、しかし他の楽器より早く学べて低価型モデルも多いエレキギターの種類について紹介しようと思います。

 

Stratocaster

略してストラットという愛称で呼ばれるこのエレキギターは、すでにエレキギターのスタンダードなモデルとなっています。 エレキギターと言えば、このギターを思い浮かべる人が多いです。
フェンダーという会社で開発したもので、写真のストラットもフェンダーのギターらしく、非常に澄んだ美しいのクリーン音を聞かせてくれるギターで、メタルを除くほとんどのジャンルで使用され、特にブルースのようなジャンルに圧倒的に合います。

 

Telecaster

やはりフェンダー社が初めて開発したもので、先ほど言ったStratocasterより先に開発され、最初に大量生産されたエレキギターとして知られています。

 

Les Paul

ギターの歴史から見て非常に重要なギターです。 時代が少し外れた楽器といえます。 ギブソン社が制作したこのギターは、ストラットとともに最もよく使われるエレキギターで有名です。 ギブソンはフェンダーより1~2年ほど遅れて市場に参入し、レスポールを発売、50年代まではナンバー2の役割を果たしていましたが、ハンバッカーピックアップを開発してこのレスポールに装着した後、59年度に初めてフェンダーを抜き、トップメーカーとなりました。 現在もストラットと共に1、2位を争っています。 筆者もこのギターを使っていますし、最近は素晴らしいギターが多く製作されていますが、音の重みとグルーヴを考えると、このギターを凌ぐギターはないと思います。

 

まとめ

슈퍼스트랫 - 나무위키

 

(左からSuperStrat, SG, HollowBody, Flying-v)

その他にも、数多くの種類のエレキギターが存在しており、それぞれの長所と短所を持って美しい声を出しています。 もし趣味として楽器を扱いたければエレキギターはいかがでしょうか?