まだまだ暑い日が続いていますね。

在宅ワークで家にいる時間が確実に伸びた私ですが、つい先日部屋のベランダに蜂の巣ができるというハプニングに見舞われました。

なんとも急な出来事でただただ恐れ慄いたのですが、結局、親切で優しい大家さんに駆除してもらいことなきを得ました。

 

実は、遡ること数年前にも旅行中に立ち寄ったモスクワ空港にて、謎の蜂にプスっとやられた過去があり、蜂にはほのかな因縁を感じています。

ちなみに、その時はめちゃくちゃ痛かったので、半ベソで空港医務室に逃げ込み、ロシア語しか通じない美しいロシア人女医さんに、「bee! bee!」と泣きつきました。

外国人の20代女の子が泣きながら「蜂!蜂!」と言って駆け込んできたことに驚いた女医さんに、優しく軟膏を塗ってもらいながら慰めてもらったことは今でも忘れません。

というわけで、今回のお話のテーマは「蜂🐝」です。

 

 

都内で見かける蜂の種類

ミツバチ

体長は13ミリ程度。

1つの蜂の巣で生活する蜂の家族は、1匹の女王蜂対して、90%が働き蜂(メス)、10%が雄蜂で構成されています。

そのうち、針をもち相手を刺すのは働き蜂のみです。

一度刺すと、針が抜け、同時に内臓も出てしまうため、死んでしまいます。

刺激しなければ、近づいただけでは刺されません。

蜜を運ぶ益虫(良い虫)です。

 

アシナガバチ

体長は15ミリ程度。

後ろ足が長く、ふわふわと飛びます。

攻撃性は弱いので、無闇に刺激しなければ、刺してきません。

毛虫を食べてくれる益虫です。

 

スズメバチ

体長は17ミリ程度。大きいです。

蜂の巣は球状で最大1メートルほどになります。

攻撃性が強く、数メートル離れたところを通っただけで刺されることがあります。

毒液には仲間を呼び寄せるフェロモンが含まれており、一度刺されると仲間が集まってきて集団で襲われます。

 

蜂が活発に動く時期

まさに今活動時期真っ只中なので、注意が必要です。

  • オオスズメバチ 8~10月
  • キイロスズメバチ 7~10月
  • ヒメスズメバチ 8~9月
  • コガタスズメバチ 7~10月
  • モンスズメバチ 7~8月

 

やってはいけないこと

蜂に遭遇した時

  • 大声を出す。
  • 急に走り出す。
  • 巣を突く。
  • 腕で振り払う。
  • とにかく、刺激することはNGです。

 

蜂に刺された時

  • 慌てふためく。
  • 毒を口で吸い出そうとする。
  • 尿・アンモニアをかける。(迷信です。)
  • 水膨れを潰す、掻く。

 

正しい対処法

蜂に遭遇した時

体を低くして、ゆっくり後退りながら、その場を離れる。

蜂は、体の構造的に真下を見ることができないので、体を低くすることが有効だそうです。

 

蜂に刺された時

  • まずはその場から離れる。
  • 2分以内に毒針を抜く。(15分以内であれば、毒の影響がある程度抑えられます。)
  • 傷口を流水で洗い流す。
  • 「抗ヒスタミン成分」か、「ステロイド成分」含まれている虫刺され用の薬をぬる。
  • 痒い場合は冷やすか「抗ヒスタミン成分」入りの虫刺され用の薬をぬる。
  • 病院へ行く。

※アナフィラキシーショックが起こった場合は、すぐに病院へ行きましょう。

 

アナフィラキシーショック

即時型アレルギー反応

刺されてから30分以内に赤みや腫れが出始めたら、要注意。

アナフィラキシーショックが起きる場合があるため、できるだけすぐに病院へ行きましょう。

 

遅延型アレルギー反応

刺されてから1~2日後に赤みや腫れが出てきた場合は、アナフィラキシーショックが起こることはありません。

生活に支障が出るほどの症状(腫れ・痒み等がひどい)がない場合は、病院に行かなくても大丈夫です。

 

教訓

海外で蜂に刺されて、病院に駆け込んだときのために、英会話を練習しましょう。

ちなみ、英語で「蜂に刺されたー(泣)」は “I was stung by a bee!(cry)” です。

優しい大家さんつきの物件、または、蜂も寄り付かないほどの高級物件以外にお住まいの方は、必ずプロに電話して蜂の巣を撤去してもらいましょう。