最近、『鬼滅の刃』にハマり始めたすーです。

判断が遅い

頑張れ炭治郎頑張れ!俺は今までよくやってきた!俺はできる奴だ!そして今日も!これからも!折れていても!俺が挫けることは絶対にない!

俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ

名言がたくさん。身に沁みます。

なぜもっと早く面白さに気づかなかったのかと後悔・・・・

 

さて本題に入ります。

なぜか今の現場でキレキャラが定着してしまった私ですが、皆さんは普段どれだけ怒ってますか?

ふと考えると私は、普段の生活や仕事で1日1回は必ずイラッとしてる気がします。

「怒り」に対してよい印象を持たない方が多いと思いますが、実は「怒り」や「イライラ」をうまくコントロールすることで、エネルギーやモチベーションに変えることができるのです。

それが『アンガーマネジメント』です。

 

『アンガーマネジメント』とは?

直訳すると「アンガー(anger)」は怒り。

「マネジメント(management)」は管理する。

つまりイライラや怒りといった感情をコントロールすることです。

イライラしたり、カッとなったりして出る衝動的な言動や行動を抑制し、適切な問題解決やコミュニケーションにつなげるための手法です。

アメリカでは1970年代から、心理教育として浸透してきており、日本でも教育、ビジネスの分野で広がっています。

 

このスキルで大切になるのは怒らないことではなく、下記を区別することが大切となります。

  • 怒るべき部分に怒る
  • 怒る必要のない部分には怒らない

 

このスキルがないと、周りの人やモノのせいにしたり、八つ当たりをして相手や自分自身にストレスを生じさせてしまうことがあります。

物を壊す、相手の心身を傷つける、という大きな問題に発展することも少なくありません。

また企業においては、怒りの感情が職場の人間関係や雰囲気を悪化させる原因にもなり得ることから、アンガーマネジメントについての研修やセミナーなどの開催も盛んになっています。

 

怒りのデメリット・メリット

怒りにはデメリットがあり、アンガーマネジメントを学ぶことによってメリットに代わる部分を紹介いたします。

デメリット
  • 怒りを感じるときの体内の生理的反応が健康に悪影響を及ぼす
  • 本人や周りの心的ストレスが蓄積される
  • 職場環境や人間関係が悪化する
  • コミュニケーションがスムーズにいかず、生産性が低下する
  • モノを壊すという物的損失
メリット
  • 怒りを感じる頻度が低くなり、それによるストレスがなくなる
  • 感情を素直に表に出せるようになる
  • 言葉での意思伝達がスムーズになる
  • モチベーションが向上する
  • 違いの存在に寛容になり、自分の柔軟性や視野が広がる
  • 教育や指導でも役に立てられる
  • 仕事の生産性が上がる

 

怒りの傾向と対策

私自身もアンガーマネジメントという手法を最近『子供 教育』でググって知りました。

なので、実は詳しく知らないんです。。。

怒りは下記の6タイプに分けることができ、怒りの傾向を知ることで自分自身や他者と上手に付き合うことができるようです。

■公明正大タイプ

【特徴】
自分の考え方や信念を大切にし、定めた目標に向かって努力するタイプです。正義感が強く、道徳心も高いので、他人から頼りにされるという長所を持ちます。しかし、それゆえにルール違反や規則に従わない人を見ると、怒りが沸き、公共の場でも迷わず介入する場合もあります。

【イライラを減らすコツ】
道徳観や規範を大切にするタイプであるがゆえに、周りのちょっとした不正も許せないことが短所だと言えます。自分の価値観と他人の価値観は違うのだということを意識しましょう。また、自分の中のルールや規則を押し付けることなく、他人の考え方を受け入れるという寛容さを身に付けましょう。

■博学多才タイプ

【特徴】
向上心が高く、何事も挑戦しようという前向きなタイプ。完璧を追求し、困難な状況下でも物事をやり遂げようとする点が長所です。しかし、完璧主義が災いして、自分にも他人にも厳しくなりがちです。優柔不断な人や考え方が違う人に対して、怒りを感じることが多いといわれています。

【イライラを減らすコツ】
物事に対して意欲的に取り組み、自分自身を成長させるのは素晴らしいことですが、周りにはそれができる人ばかりではありません。白か黒ではなく、中間もあって良いのだという意識を持ち、価値観が違う人に対する視野を広げると良いでしょう。

■威風堂々タイプ

【特徴】
自分に自信を持ち、リーダー的素質を兼ね備えるタイプです。頼りがいのある雰囲気に憧れの目で見られるときもあります。しかし、プライドが高く、思い描いていた方向に物事が進まなかったり、自分への評価を低くされたりすると怒りやストレスを感じます。

【イライラを減らすコツ】
自分に自信があることはプラスにも働きますが、その自信がゆらいでしまうかのような出来事に遭遇することもあります。そのときに、「自分自身を否定された」と思うのではなく、その状況の「最善の判断が採用された」と捉えましょう。また、他の人が評価されたからと言って、自分自身の評価が下がるわけではありません。

■天真爛漫タイプ

【特徴】
自分の気持ちを正直に伝えることができ、行動力もあるため、人から羨ましがられる存在であることも多いタイプです。ただ、素直すぎてストレートな物言いをし、空気を読むことが苦手なので、制限がかかる状況に身を置いていると、不満やストレスを感じてしまいます。

【イライラを減らすコツ】
自分の気持ちに正直に、勢いで行動することも多いため、一旦立ち止まって考えたり、他人の意見を聞いたりすることを心がけることが大切です。また、自分の意見を伝えることが美徳とは限らないということもあります。一旦相手の意見に従う方が上手くいくケースもある、ということを意識しておきましょう。

■外柔内剛タイプ

【特徴】
外見は穏やかに見えますが、確固たる自分の意思を持っているタイプです。自分の決めたことはやり通すことを信条にしていますが、その雰囲気ゆえに、他人から何かを頼まれることも多くなりがちです。したくないことをしなくてはならなかったり、自分のルールに反している物事に出会ったりするとストレスの原因となり、ささいなことで怒りが生じることがあります。

【イライラを減らすコツ】
自分自身の信条を持っているため、それに合わない事を行うのが苦手です。しかし、自分の信条を緩やかにすることで、他人への怒りが軽減する可能性も高いです。また、誰かに何かを頼まれても、それを制限したり、自分のためのストレス発散法を見つけたりすることで、心が安定する場合も多いでしょう。

■用心堅固タイプ

【特徴】
真面目な性格で、物事を自分自身で客観的に判断できるタイプです。慎重に行動するため、冒険は好みませんが、周りに頼ることが苦手なため、ストレスが溜まることが多いのが特徴です。また、他人にレッテルを貼りがちで、自分と比較することで、ねたみや怒りの感情を感じることもあります。

【イライラを減らすコツ】
冷静に物事を見ることは大切ですが、他人を信用することができないと交友関係がスムーズに進まないことが多々出てきます。他人への思い込みを避け、時には周りに頼ることを心がけると、他人との距離も縮まり、楽になることができるでしょう。

 

【実践】アンガーマネジメント診断

ということで、とりあえず診断してみました。

無料アンガーマネジメント診断

結果は。。。。。『天真爛漫タイプ

かなり当たってましたw

皆さんもどのタイプか診断してみて、アンガーマネジメントを実践してみてください。

意外と当たってるので、自分の特徴を知っておくだけでも違うかもしれません。

 

最後に

今回はアンガーマネジメントの簡単な紹介を行いましたが、

私自身、より世の中や現場でうまく立ち回れるようにアンガーマネジメントスキルを身に付けて行こうと思います。

 

皆さんも職場で上司に理不尽に怒られることもあると思います。

そういう上司は、アンガーマネジメントスキルが足りてないんです。きっと・・・・

なので、逆に怒られた怒りを糧に、なにくそ!という気持ちで自分自身を鼓舞し、高いパフォーマンスや成果物を出す方法として、アンガーマネジメントを試してみてはいかがでしょうか。