こんにちは、ソです。今回はサービスを開始したばっかりのGoogle社のStadiaについて話します。

Googleで最初発表した内容で深い技術的なことよりこんなサービスかと、今の技術ではスムーズにサービスすることがなかなか難しいらしいので、現在はどんな状況かについて書きましたので軽く読んでいただきたいです。

 

Stadiaとは?

Google Stadiaは2019年GDC(Game Developers Conference)でGoogleが発表したクラウド基盤ゲームプラットフォームです。

技術的にはYouTubeと同じようなストリーミング技術です。

ストリーミングゲームと既存のゲームの違いは、今まではゲームを購入して自分のPCにダウンロード、インストールしてプレイするか、コンソールでプレイする方式だったのですが、Stadiaはゲームを“実行”するための高級なデバイスではなく普通のスマートフォンやタブレットでも最新のゲームが楽しめるサービスです。

これはクラウドサーバーで実行したゲームの画面やサウンドなどを、リアルタイムでプレイヤーのデバイスに転送することにより可能になります。

“ゲームをプレイする”と言う特徴で、ストリーミングゲームが他のYouTubeやSpotifyと違ってプレイヤーの入力をリアルタイムで転送されなければなりません。

つまり、プレイヤーの入力→クラウドサーバーでの演算処理→画面、サウンドなどをプレイヤーのデバイスに転送という過程の繰り返しでストリーミングゲーミングが成り立ちます。

ストリーミングゲームの一番大きい利点は、最新のゲームを一番快適な環境で楽しむための高価のデバイスが必要とされないことです。またPCゲームだけでなくコンソールやモバイルゲームのプレイも可能です。

しかし、弱点もあります。世間で一番心配とされるのがLatencyによるinput lagです。

ゲームはリアルタイムでプレイしますので、input lagなどが発生したらユーザーエクスペリエンスに大きな悪影響になる可能性が高いです。

また、ストリーミングゲームの運用のため、ハイスペックなサーバーにかかる費用とネットワークトラフィック費用はサービスの値段に繋がるため、購買力がある人にだけに利用される可能性もあります。

過去にもストリーミングゲームの利点に気づき、 Play Station Now、Game Pass、Geforce Nowなど様々なサービスも存在したのですが、デバイスの制約、サービス料金、状況によるLatency発生などで今だにも一般的に使われてはいません。

Googleの発表では、Stadiaは既存のサービスとは違ってウェブブラウザーを実行できるほぼすべてのクライアントデバイスで実行できるし、スペックも現時点では他サービスより上回ると言われています。

現在のクラウドサーバーは複数のサーバーインスタンスを集めたラックとこのラックを集めた巨大なルームになっています。

一つのサーバーインスタンスはブレイドサーバーと呼ばれ、これらのブレイドが集まってクラウドサーバーになります。

Googleはブレイドサーバースペックを以下のように発表しました。

 

GPU CPU Memory
10.7 Teraflops

56 compute units

HBM2 Memory

Custom x86 Processor

2.7 GHz

Hyperthreaded

AVX2

16 GB of total RAM

Up to 484GB/s transfer speed

L2+L3 Cache of 9.5MB

AMD社と協業して制作したカスタムGPUとCPU、そして16GbRAMが一つのブレイドサーバーのスペックで、これはハイエンドPCと比べらるほどいい性能です。

もう一つ注目するべきなのが、Googleは現存するコンソールゲームデバイスより上回るGPUを採用したと発表しました。

でも、これは単純に数値が高いだけです。

同時代のコンソールより高い性能持つPC用のGPUの一つであるGeForceのGTX1080Tiと比べると数値も低いし、最適化されたGPU設計や性能を考えるとその差はもっと大きくなります。

PlayStation 4 Pro Stadia Xbox One X
4.2 teraflops 10.7 teraflops 6.0 teraflops

 

TITAN V Radeon RX Vega 64 GeForce GTX 1080 Ti Radeon R9 295X2 Stadia
13.8 teraflops 12.7 teraflops 11.3 teraflops 11.2 teraflops 10.7 teraflops

※Teraflopsはパソコンの性能を数値した単位です。

 

マルチプルサーバーインスタンス

Googleは、一つのブレイドサーバーインスタンスでゲームを駆動するのに限界があることを例え、自社のデータセンタを活用することを強調しました。

これは一つのゲームを稼働するために、複数のブレイドサーバーを使うことで複数のGPUやCPUをそのゲームに割り当てるということができ、もっと快適にゲームを実行をするためです。

しかし、Parallel Processingのパフォーマンスが無限定ではない点、つまり複数のハードウェアで演算処理をして一つに纏める際、多くのオーバーヘッドが発生したら結局性能の限界や低下になる可能性も高いです。

 

Stadia コントローラー

GoogleはStadia専用のコントローラーを発表しました。

コントローラーはコンソールだけではなくPC用、最近はスマートフォン用ゲームでも使われているため、ゲーマーたちには抵抗がないと判断したかもしれません。

また既に持っているコントローラーも使えることができると言いました。

Googleの専用のコントローラーは独特な2つのボタンがあります。

一つはキャプチャーボタンで自分がキャプチャーしたのを他のゲーマーたちと共有できます。

もう一つのボタンはGoogle Assistantです。

このボタンを押すとコントローラーに内蔵されているマイクで音声命令ができ、ゲームの要素を呼ぶことができます。それにマイク自体はチームでFPSを楽しむゲーマーたちにはいい機能だと思います。

 

しかし、Googleがこの機能だけのためにわざわざコントローラーを作ったとは言えません。

このコントローラーの主な機能は、StadiaのデータセンタとWi-Fiで直接通信ができることなんです。

今までのクラウドゲームのコントローラーはクライアントデバイスとbluetoothで繋ぎ、そのクライアントデバイスがまたクラウドサーバーと通信する方式でした。

Googleは専用のコントローラーで中間過程を消してゲーマーの入力を直接転送することで、入力Latencyを減らすことができると説明しました。

 

実はこの機能はアンドロイドOSの問題を解決するためでもあります。

アンドロイドはiOSとWindowsOSとは違ってネイティブスタックの上にJavaで作られた大きなスタックが存在します。

この構成がbluetoothでつなぐコントローラーのLatencyはよくないパフォーマンスを見せました。

Stadiaはアンドロイドのbluetooth性能低下を克服するために、直接データセンタを通信する方法を考案しました。

一つ気になることは、ディスプレイのないデバイスの設定がどれだけ簡単にできるかくらいです。

Google Backbone

GoogleはLatencyの問題のために自社のバックボーンを活用したStadiaサーバーとの通信を提案しました。

ネットワークパケットはどんな経路で転送されるかは保障しないので、パケットがバラバラで到着するため意味があるデータになるまで時間がかかります。

それでGoogleは今まで投資した海底ケーブルなど専用線を利用してStadiaサーバーと繋がることで予測可能なLatency、安定的な通信、それにセキュリティも強化できます。

Googleの専用線全世界をカーバーできるほど大きいし、すでにYouTubeなどで安定性が立証されたのが強みだと言えます。

 

特徴

ではSdadiaにはどのような特徴があるのか紹介していきます。

 

Cross Platform

Stadia発表の導入部分で強調されたのが、Boxが必要とされないCross Platformであるということです。

これにより、クライアントのデバイスに関わらず、Chromeブラウザーであればどんなデバイスでもプレイが可能です。

実際にChrome Book、Pixel Phoneなどでスムーズにプレイできることが試演されました。

技術的な問題でデバイスが制限された既存のストリーミングサービスと比べると、革新的なチャレンジだと言えます。

これを実現するのに、大きな役割を担当したのがChromeです。

ストリーミングでデバイスの性能に大事なのが映像のデコーディングです。

YouTubeの登場により、多くのデバイスで映像デコーディングはハードウェアによって支援されています。

そしてChromeブラウザーは、デバイスのデコーディングの加速を利用できるので、ウェブ基板でも十分ストリーミング機能を提供することができます。

表はChromeブラウザーで使いますが、さすがに裏の部分ではそこそこ手間がかかる作業がいると思います。

それでも統一されたデバイスの互換性で得られるものがもっと多きと思います。

Stream Connect

マルチプレイヤー機能の一環でGoogleがStream Connectと言う機能を紹介しました。

一人のプレイヤーがゲームをプレイしている途中で、他のプレイヤーが同じゲームに参加することができます。

各プレイヤーは自分の視点でゲームをプレイでき、相互作用も可能になります。

こういうプレイは既存のマルチプレイゲームと似てますが、違いはハードウェアです。

もともとプレイしていたプレイヤーに割り当てられたGPUではなく、物理的に違うGPUを他の人に割り当てられるというのが技術的に独特な部分です。

これに、それぞれのプレイヤーの間で同期化を維持する技術を適用したとGoogleは言いました。

これが実現されたらマルチプレイゲームでプレイヤーが増えてもゲームが遅くなることなく、もっとスムーズなプレイができることが期待されています。

Crowd Play

Crowd playはStadiaのマルチプレイヤーのシナリオ拡張機能です。

この機能のターゲットはYouTuberなどの人たちで、ゲームプレイの途中で自分のチャンネルを見ている人たちを招待してゲーム参加させることができます。

簡単にYouTubeでリンクを共有してゲームに接続できます。

これは、GoogleがYouTubeを持っているからこそ可能なサービスで、microsoftもMixerやゲーマーが多いSwitchなどのゲームプレイを共有するサービス業界が大きくなるのでこれを支援するのは意味があると思います。

実際に今も芸能人や有名なゲームプレイヤーたちは、YouTubeなどの生放送で視聴者と一緒にゲームプレイすることも多いです。

 

パフォーマンス

4K 60FPS

Stadiaは4Kビデオを60FPSで提供し、今後8Kまで拡張すると言いました。

今の時点でも4Kは少し誇張だと思われますが、これは4K画面をエンコーディング→ネットワーク転送→デコーディング→クライアントでレンダリングする過程が16ms以内で成り立たないとスムーズばサービスにならないからです。

バッファリング方式のビデオストリーミングでも結構難しいのに、バッファリング方式を使えないリアルタイムのゲームストリーミングで今のネットワーク技術でこういうサービス提供できるのかが疑問です。

実際にPCで4Kでゲームプレイしようとすると上記で言及したGTX1080Tiのグラフィックカードくらいでそれに合わせたメインボード、RAM、パワーなどでも結構ハイエンドPCのスペックが要求されます。

 

エコシステム

Stadiaは色んな新しい機能を発表しましたが、これを活用するためには既存のゲームを修正したりStadiaに合わせてゲームを作らなければなりません。

大体の既存のストリーミングゲームサービスはゲームを修正せず、そのまま提供したのと違がってGoolgeは色んなゲーム開発会社を強力し、ゲームの修正や開発をしようとしています。

これはまた費用がかかりますが、Stadiaはゲームサービスでゲームがメインなので初期費用が掛かってもここに主力するべきです。

それに合わせてGoogleはゲーム開発エコシステムのためにUnity、UnrealEngine、Havokなどの会社と協業でもっと快適なゲームプレイ環境を作るため様々な支援をすることを発表しました。

 

ゲームタイトルは

Assassin’s Creed Odyssey

Cyberpunk 2077

Borderlands 3

DOOM

DRAGON BALL XENOVERSE 2

FINAL FANTASY XV

Football Manager 2020(これは自分の人生ゲームの一つです。)

Red Dead Redemption 2

Tomb Raiderシリーズ

Watch Dogs Legion

Marvel’s Avengers

などなど結構最近のゲームもあります。

 

サービス開始

今まではStadiaが発表されてからの情報を集めて書きました。

その時は技術的な問題で懐疑的な人や、Googleならできると言う希望を持つ人もいました。私も後者でした。

Googleは今まで全世界的に構築してきたインフラもあるし、世界最大なIT企業であるため何かが違うはずだと思いました。

いよいよ11月19日に14国でサービス開始になりました。今の段階では酷評一色です。

YouTubeなどで直接プレイするのをあげた人もいるし、ゲーム専門記者さんたちも記事や直接プレイした動画などをあげました。

さすがに地域や時間によって、入力してからの反応がゲームプレイできないくらいなるのもありました。

もちろんお金をもらってサービスするのである程度完璧ではないとならないと思いますが、発表されてから5Gの環境なら可能性がある技術だと言われましたのでまた無茶な技術とは断言できない状況です。

あと、これからのアップデートをしっかりする見込みでサービス開始したと思えばこれからだと思います。

サービス開始の地域を段階的広げるのもその理由だと思います。

まだ完璧に成功したサービスがなかった分、Googleで技術力や資金力で突破でき、新しいゲームの世界が開ければいいなーと思っています。