7月7日の七夕も終わり、本格的な夏到来かとおもったら、連日雨が続いてますね。

おはようございます。こんにちは、こんばんは。つぎーです。

駆け出しのエンジニアしてます。社会人歴は4年目を迎えました。

 

社員ブログが始まって以降、自分が更新するときはどんなことを書こうか悩んでいたら、

ネタが思いつかないままこの時が来ちゃいました。光陰矢の如しってやつです。

 

今日は自分が学生を卒業し社会人になって感じるようになったことと、IT業界で働き始めて感じるようになったことの2つをちょこっと書かせてもらおうと思います。

徒然なるままに。

 

①「縁」を意識するようになった

 

学生時代は授業にサークルにアルバイト等でいろんな人と絶えず交流する機会があったけれど、いざ社会人になってみると仕事仕事の毎日で顔をあわせるのは決まった人。

すっかり「はじめまして」をする機会が減ってしまいました。

 

切れるときは簡単に切れてしまう人との縁。継続させるってなかなか難しい。

昔からの関係を維持するのと、新しい出会いを求めること。

どっちも大事なことだけど両立するのも大変。

 

「一期一会」

…生に一度だけの機会や出会いのこと。 一生に一度限りであること。

 

いい言葉ですね。なにかにつけて意識するようになりました。

たぶんこれが大人になったということなんだと思います(たぶん)

 

 

②表面だけではなく裏側も気になるようになった

 

IT業界で働き出す前は、ただただ便利なものとしてインターネットをはじめ様々なものを深く考えず使って来ました。

けど、実際にインターネットなどがどういう仕組みで成り立っているだとか、どんな危険性があるか等を知るようになった今。

学生だった昔より今の方が好奇心が芽生えて来ました。

 

実際のところは、知識欲というか働く上で知っておかなきゃいけないことが山積みなだけなんですけどね。

 

ただ記憶力等は若かりしあの頃の方が優っていたので、「あぁ、もうちょっと前から勉強しておけばよかった」と後悔することもしばしば。笑。

学ばなきゃいけないことが沢山なIT業界。日々コツコツ勉強です。

 

勉強の一環として買ったこの本。

 

書かれている内容やイメージが現場で働き出す前はいまいちピンときませんでした。

実際にエンジニアとして働き出してからの方が、納得度が倍以上で、その時の感動というか、身をもって学んだというか、その感覚も個人的に嫌いじゃないです。

 

今日ここに書いたことが、今はピンとこないけれど、いずれ社会人になって働き出して、

「あぁ、そういえばブログでそんなこと書いている人いたな〜」

みたいに思い出すことがあれば幸いです。

 

新しい環境に入ったばかりのときは、環境に慣れるだけでも大変です。

これから夏本番。頑張りすぎて熱中症にならないように気をつけてください。

またいずれ。