はじめまして。超時空エンジニア、おっくんです。

天気の悪い日が続いておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

私は先日、東京ドームシティで開催されている「河森正治EXPO」にいってきました!

河森正治さんは、メカデザイナーや監督、演出など、様々な肩書でアニメ制作に携わっている方で、代表作にはマクロスシリーズ、アクエリオンシリーズなどがあります。

「河森正治EXPO」は河森さんがこれまで携わった作品のデザイン画、絵コンテ、アイデアノートなどの展示会です。

私は変形合体メカマニアであり、メカデザイナーとしての河森さんを神の一人として崇めているため、当然いってまいりました。

(あ、宗教の話はNGでした。忘れてください。)

 

河森さんの監督デビューは24歳の頃、一方私が24歳の頃はというと、新人エンジニアとして華々しく東京デビューを飾り、水道橋で働いていた時期です。

なので、ちょっとした聖地巡礼気分(?)を感じながら、水道橋にある東京ドームシティに向かいました。

上の写真は、当時印象的だった落ちたら絶対に助からない川です。

他にもっと印象出来だった場所や出来事がありましたが、過激な内容を含むため割愛します。

 

会場に入ると、

巨大なロボット達がお出迎えしていたり、

歴代バルキリーが飾られたりしていました。

違うんだ母ちゃん!VF-1A、S、J、全部別物なんだよ・・・。

 

メインの展示は撮影禁止のため画像はありませんが、見ごたえ十分でした。

河森さんが変形メカをデザインする際に、「レゴブロック」で変形可能なプロトタイプを作成する話は有名ですが、実際に企画当時にレゴで作られたバルキリーやアクエリオンも数点展示されていました。

 

世に出なかった企画の資料も大量に展示されており、「機動戦士ガンダム」放送当時に富野喜幸(由悠季)氏と進めていた幻の企画なんかも展示されていました。

”とにかく色々やってみる”という姿勢は私たちの仕事にも通じるものであり、大変勉強になりました。

 

最後に展示されていたのは、

「現在の技術で実現可能な可変ロボットバイク」をコンセプトに、河森さんがデザインした実物大のバイク。

こちらがデザインする際にレゴで作られたもの。ちゃんとロボットに変形します。

説明には「このプロジェクトに興味がある企業は声をかけてください」と記載されており、本当にどこかの企業が変形するバイクを作ってくれないかな~と、夢が広がります。

 

いかがだったでしょうか?みなさんも興味があれば是非行ってみてください!

(と思ったら、投稿時点では既に終了していました)

 

 

え、興味ない?

みなさん、河森さんを・・・

 

ご存知、ないのですか!?

 

olivaではメカデザイナーは募集しておりませんが、現在エンジニアを募集中です!

河森さんのように、とにかく色々やってみませんか?

oliva HPのお問い合わせからご応募お待ちしております!